子犬向けのペットフード

生後三か月から六か月くらいの子犬は食欲旺盛で徐々に食べる量も増えて行きます。特に大型犬などは成犬よりも食べる量を必要とするほどですので、しっかりとした量を与えるようにしてください。まだ離乳食から以降したばかりという子犬の場合には、硬くて噛みにくいドッグフードに慣れずあごが疲れてしまう犬もいますので徐々に硬くなるように調整して与えるのがポイントになります。生後六か月くらいまでは、成長に必要な栄養素を摂取するのがとても重要になってきますので、多少太ったとしても満足する量を与えるようにしてください。

一般的に犬の場合には、八か月が目安で成犬になると言われておりますので、八か月を目安に成犬用のペットフードに移行するようにしてください。成犬用のペットフードに代えた途端に食が細くなってしまったり、下痢や便秘をするような場合には、これまで食べていたドッグフードに新しいドッグフードを混ぜて与えてみたり、一旦新しいドッグフードを諦めて、元のドッグフードに戻すのもおすすめです。

犬はとても繊細な生き物ですので、ドッグフードが変わった事に対してとても強いストレスを感じてしまう犬もいます。日々の変化に注意しながら犬の体調に考慮して与える事が重要になります。

子犬向けのペットフード

赤ちゃん向けのペットフード

犬は当然の事ながら成長して行きます。特に子犬の時期などの成長は著しく、一週間で見違えるように大人に大きくなる犬種も存在しております。成長するスピードが速いといいう事は。それだけ成長に必要な栄養を摂取する必要があるという事になります。その為、子犬を飼うような時にはしっかりと成長するように子犬用のペットフードを選ぶ必要があります。

生後間もない一ヵ月未満の子犬の場合には、まだ乳歯が生えておりません。その為、ドッグフードのような硬い固形物を食べる事は出来ません。その為、生後一ヵ月未満の子犬の場合には、母犬の母乳がベストです。母乳を飲む事で栄養を摂取するだけでなく母犬の免疫力なども引き継ぐ事が出来ます。

また生後一ヵ月くらいになると乳歯が徐々に生えてきますので、離乳食を食べる回数を増やしていきます。離乳食は赤ちゃん犬用に販売されている物もありますので、その中から選ぶのが一般的ですが、仮に離乳食を切らしてしまった場合には、市販されている子犬用のドライフードなどを温めた子犬用のミルクやお湯で溶かして、柔らかくして与えるようにしてください。犬によっては中々離乳食を食べてくれない子もいますので焦らずにゆっくりと離乳食に慣れさせるようにしてください。

赤ちゃん向けのペットフード

シニア向けのペットフード

動物病院の医師の技術力の向上や新薬などの開発により、人間だけでなく犬の高齢化も進んでおります。その為、シニア犬と呼ばれる年齢の犬と生活している方も増え、若い犬と違って様々な部分で気を使っております。

そもそもシニア犬の定義はハッキリとはしていないので個人差があるのですが、大型犬の場合には8歳以上、小型犬や中型犬の場合には11歳以上がシニア犬と言われております。この年代になってくると身体のあちこちでトラブルが起こるようになってまいりますので飼い主の方は、これまで以上に注意するようにしなければいけません。

シニア犬におすすめのペットフードの特徴は、カロリーが少なく、硬さもそこまで硬すぎず、消化が良いという特長があります。若い犬と比べて身体が弱い部分が出てきます。そのため、若い犬と同じ距離を散歩する事もできませんし、速く走る事も出来ません。基礎代謝も落ちておりますので若い犬と同じカロリーの食事は害になる可能性もあります。また、最近のシニア向けのペットフードには傷んでしまう可能性の高い関節などをサポートする為にグルコサミンであったり、コンドロイチンなどが含まれている物も登場しております。様々な種類がありますので見比べて選ぶ事が重要になります。

シニア向けのペットフード

ペットフード選びは慎重に

ペットブームの影響で本当に沢山の方が犬を飼うようになりました。昭和の時代には人間が食べていたご飯の残りなどにお味噌汁などをかけて与えていましたが、今では女性顔負けのカロリーをしっかりと計算し、健康に良い物を食べている犬が増えてきました。

そもそも人間と犬ではカロリーの消費量も異なりますし、必要な塩分などの量も異なっております。その為、塩分の濃い人間の残飯やお味噌汁などは犬にとっては著しく健康を害してしまう可能性があるのです。最近では昔ではわからなかった犬の健康などについての情報がわかってきておりますのでより犬の健康に即した食べ物を与える事ができるようになって来ております。

参照サイト〈犬の総合栄養食 CANAGAN
犬の健康を考えて作られたドッグフードです。

以前まででしたらトイプードルもラブラドールレトリーバーもチワワも柴犬も同じペットフードを食べていました。飼い主の方で犬種に合わせて与える量を調整することで肥満を予防していたのですが、最近では犬種ごとに異なるペットフードなどが登場しており、より簡単に愛犬に適したペットフードを与える事ができるようになっております。

しかし、これまであまりペットフードを気にしていない方や、まだ犬を飼っていないけどこれから飼い始めようと思っている方にとって、どうしてペットフードにそこまで気を使わなければいけないかわからない方も多いと思います。そこでこちらのページでは、ペットフードを愛犬にあった物に代えるメリットなどの情報についてご紹介して行きます。続ける事で大きく変わってきますので、ぜひチェックしてください。

ペットフード選びは慎重に