赤ちゃん向けのペットフード

犬は当然の事ながら成長して行きます。特に子犬の時期などの成長は著しく、一週間で見違えるように大人に大きくなる犬種も存在しております。成長するスピードが速いといいう事は。それだけ成長に必要な栄養を摂取する必要があるという事になります。その為、子犬を飼うような時にはしっかりと成長するように子犬用のペットフードを選ぶ必要があります。

生後間もない一ヵ月未満の子犬の場合には、まだ乳歯が生えておりません。その為、ドッグフードのような硬い固形物を食べる事は出来ません。その為、生後一ヵ月未満の子犬の場合には、母犬の母乳がベストです。母乳を飲む事で栄養を摂取するだけでなく母犬の免疫力なども引き継ぐ事が出来ます。

また生後一ヵ月くらいになると乳歯が徐々に生えてきますので、離乳食を食べる回数を増やしていきます。離乳食は赤ちゃん犬用に販売されている物もありますので、その中から選ぶのが一般的ですが、仮に離乳食を切らしてしまった場合には、市販されている子犬用のドライフードなどを温めた子犬用のミルクやお湯で溶かして、柔らかくして与えるようにしてください。犬によっては中々離乳食を食べてくれない子もいますので焦らずにゆっくりと離乳食に慣れさせるようにしてください。

赤ちゃん向けのペットフード